ワークスタイル

2022年4月に読んだ5冊のデザイン・フリーランス関連のオススメ本をご紹介!

By 2022.5.7.6月 29th, 2022No Comments

全国にいる上司も先輩もいないデザイナーの皆さま。こんにちは。

読書よりもYouTubeばかりの毎日に危機感を抱いているフリーランスデザイナーの井上カツオ(@katsuologo)です。

完全に独学だけでフリーランスのデザイナーになりました

インターネットだけでなく、書籍を通じて体系的に情報収集することで、デザインや事業についての理解を深めています。そんなボクが2022年4月に読んだデザイン・フリーランス関連で良いと思った5冊の本を紹介します!

今月に重点的に学んだこと

今月は以下の2つを重点的に学びました。

  1. レタリング
  2. 名刺デザイン

1と2は先月から引き続き学んでいます。

1.レタリング関連本

「レタリング」とはデザインされた文字のことです。もともとレタリングを描くことに憧れがあり、仕事にも繋がりそうなのでレタリングのトレーニングをしています。

『Lettering Alphabets & Artwork: Inspiring Ideas & Techniques for 60 Hand-Lettering Styles』

https://www.amazon.co.jp/gp/product/1454710918/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

著者はハンドレタリングを中心に活動しているアメリカのデザイナー。NIKEやGAPなど多くの有名ブランドからオファーを受けている現役バリバリです。

そんな著者が60パターンのレタリングフォントを英数字の見本と組み合わせたサンプルなどが紹介されている初心者向けの手描きレタリング見本帳です。全て英語の本ですが個性的なレタリングを描きたい人にオススメ!

『Scripts: Elegant Lettering from Design’s Golden Age』

https://www.amazon.co.jp/gp/product/0500290393/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

こちらも洋書です。結婚式の招待状からお店の看板まで、筆記体で描かれているものを抜粋したスクラップブックです。筆記体、レタリングの閃きを得たい時にオススメの本です!

2.名刺デザイン関連本

名刺の良し悪しを決めるのは細部です。見えない規則性や小さなこだわりを経て名刺の魅力が高まります。なので、魅力的な名刺デザインの習得する方法は、良いデザインをトレースして細部を知るのが一番の近道です。

『最新世界の名刺コレクション〈1〉プライベートな名刺からショップカードまで世界のカードをコレクション!』

以前購入した本を再購入。2000年に出版された本なので、やや古めの名刺デザインです。掲載されている名刺デザインはかなりクセがあるので、強い個性を引き出したい名刺デザインの時にオススメ!

『最新 世界の名刺コレクション〈2〉プライベートな名刺からショップカードまで世界のカードをコレクション!』

こちらは先に紹介した『最新世界の名刺コレクション』の第二弾の本。2004年に出版された本なので、こちらもやや古めの名刺デザインです。第一弾と同じくクセが強いです。

『名刺&小型カードのデザイン』

こちらは2018年に出版された名刺デザインの見本帳。どれも加工に拘ったデザインなのであっと驚くようなユニークなデザインは多いけれど、再現性という意味では参考になるデザインではありませんでした。

おまけ:今月のコミック『東京リベンジャーズ』

現実から逃げてばかりの人生だったフリーターの青年が死の直前にタイムリープして過去に戻り、中学生の頃好きだった元彼女のために自分の人生にリベンジするというストーリー。これがほんと泣けるんですよね〜。

学生時代に読んでいた「湘南純愛組」や「特攻の拓」のような少年マガジンのヤンキー漫画が、現代風にアレンジして復活したようなマンガ。正直、今さらヤンキー漫画など読む気も無かったけれど、1話のアニメだけでハマってしまいました。

まとめ

今月は5冊+1の本を読みました。

特に、今習得したいレタリングと名刺デザインに関連する本が多く、学びが多かった一ヶ月でした。今後も継続してトレーニングしていきます。

過去の書評はこちら
Home » ワークスタイル » 2022年4月に読んだ5冊のデザイン・フリーランス関連のオススメ本をご紹介!
a